あえぎ声はお静かに

menu

あえぎ声はお静かに|HなTLが読めるのはココ!

あえぎ声はお静かには、TLコミックですが、Hシーンもふんだんに有り、男性が読んでも満足です。結斐子は初めての一人暮らし。先輩の紘希とのHのあえぎ声を、隣の幼馴染・葵に聞かれてしまう。もうあえぎ声を出さないから。本当か?テストしてやる!と言い出して…

あえぎ声はお静かに★綴・urocoをこっそり愉しむなら…


スマホ専用(Android・iPhone対応)
月額会員は税別300円~

あえぎ声はお静かに★を一気読み!

結斐子は初めての一人暮らし。先輩の紘希とのHのあえぎ声を、隣の幼馴染・葵に聞かれてしまう。
「出来ればあえぎ声は、もうちょい控えめにしろよな」
これからは声を出さないように気をつけると言う結斐子。
「そこまで言うなら、今ここで証明しろよ。試してやるから、俺が」
結斐子を引き寄せて
「絶対声出すなよ」
と言って服をまくり上げます。葵は、そんなことお構いなしに胸の方に移動する。葵が本気なのを知って突き放そうとする。
「心配しなくても俺たち、ただの幼馴染だろ」
練習だよ・・・そういいながら首すじに舌をのばし、乳首を口に含みます。手は下の方へと下りアソコを愛撫。徐々にヒートアップし、指が挿入。声を出しまくりで、動けません。なんと、葵はこの状態をスマホに録音していました。
翌日、紘希が遊びに来る日です。結斐子が紘希を待っている所に、葵が結斐子の部屋を訪ね、結斐子が履いていたパンティーを渡します。
「もう帰って」
と言う結斐子の言葉を無視し、葵は昨日の結斐子との関係をS的に話します。葵の指は結斐子のアソコに…そんな時、紘希がアパートに着いて玄関のチャイムを鳴らします。結斐子は葵の指の動きに耐えますが…

▼覗いて見る▼


あえぎ声はお静かにを読むには…

作品を読むには月額の会員登録が必要です。最初は試し読みで、読み続けたければ会員登録をします。月額324円ですので重荷もそれほどないですね。決済も、オフィシャルサイトなのでスマートホン代とセットに支払ができ、わずらわしい申し込みも一切ありません!明細にも漫画の題名が記載されませんから、決して気付かれません。取り敢えず無料立ち読みから始めてみませんか。

あえぎ声はお静かにを読んで見た夢

シャワーを浴び終えた彼女。夜も遅いので髪を乾かしてベッドに入る。暫く会っていない彼が懐かしい。そんな時、小さなノックの音がする。どうしたのこんな時間に。少し酒が入った男が、飲み足りないから一緒にどうかなと部屋の中に入ってきた。夜中なので静かに話しながら飲んでいる。笑った時に見える白い歯がとてもチャーミングな彼女。芸能人で言うと上戸●やちゃんにそっくりです。偶然にも耳に息をかけられた。思わずヒィッ!と声が出てしまう。これが合図のように男が積極的になった。耳に息を吹きかけられるだけで喘いじゃってます。小ぶりなオッパイを常に刺激しながら、隅から隅まで入念に。余りにも敏感すぎるカラダ。ついつい勃起。局部にも時々圧力をかけつつおっぱいを更に揉みパジャマを脱ぎ棄てます。ベッドに移っても咥え続けお尻を高く持ち上げ指マン誘う。M時開脚や四つん這いで卑猥なあそこを閉じたり開いたり。
いよいよ本番。自分から入れて~~と言い出したり。パンティずらして裾から挿入。しかもめちゃくちゃ感じちゃってます。夜這いの上に中出しする鬼畜ぶり。声を出さなきゃバレないさ。今日は1時間たっぷりとドキドキ・ベタベタしちゃってください!そのままお泊りして朝方からまたセックスを楽しむことにして就寝。興奮隠せましぇん。...もうエロ過ぎてマジで抜ける。気持ち良かったとご満悦です。

▼画像をタップ▼


inserted by FC2 system